ゆぅのカフェテラス 番外編

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会の一日

<<   作成日時 : 2008/03/07 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の12月22日、部活の発表会で、佐賀へ行ってきました。

朝、私が会場についた頃には、練習が始まっていて、1stステージの練習が行われていました。
そのあと、2ndステージ、3rdステージ……、と順調にいき、練習が終って、パンフレットをまとめて、ちょっと遅い昼食時間になりました。
でも、緊張しすぎて、あまり食べられなかったのでした……

18時になると、開場して、観客は、今回の演奏会が待ち遠しく感じながら、入ってきました。
その後、18時半には、開演して、緞帳を上がっていくのと同時に、「森の教会」を歌い、そのまま1stステージが始まりました。
このステージでは、作曲家の松下耕氏がアレンジした「八重山・宮古の島唄」に載っている3曲をステージの様子を変えながら、最後には、客席を囲うように歌っていました。

この後すぐに、2ndステージが始まり、宗教曲である「ラウダーテドミヌム」を歌っていました。
宗教曲と言われてみると、多くの人が、100年も、200年も前のイメージを持つでしょう……。
この曲は、1984年に作曲されており、比較的、新しい曲の部類に入ります。

10分間の休憩を挟んでの3rdステージでは、他のステージとは、打って変って、寸劇を交えながら、1年生をメインにクリスマスソングを中心に、4曲を歌っていました。
そのあと、4年生だけで、「未来予想図II」を歌っていました。

再び、10分間の休憩を挿み、4thステージでは、「こいうた」のすべての曲を歌っていました。

このあと、客演指揮者、伴奏者、場内アナウンスの3人に花束が贈られ、観客は盛大な拍手が贈られました。

すぐに、アンコールの曲の「そのひとがうたうとき」が始まり、団員は、思い思いに、合唱していました。
曲が終わり、指揮者が礼をして、観客は拍手で、その場面で、緞帳が下りて、今回の演奏会は、ひとまず、終わりです
でも、そこから、かけあしで、ロビーへと急行して、ロビーコールを行い、1年間の練習の成果を披露していたのでした。

ロビーコールが終わり、談話の時間になると、それまでの緊張が解れたのか、泣きだす人もいました。

そのあと、レセプションみたいなのが、あったみたいだけど、外しました。
実は、次の日に、用事が入っていて、その日の終電で、戻らざる得なかったから……
その日の夕食は、駅前のラーメン屋で、食べたのでした。

ちなみに、次回は、創部50周年記念で、OBの方々が、本番のステージに乗るみたいで、今年の12月21日(日)の午後1時30分開演予定だそうです。

だけど、アンケートの回答に、「アンケートに次回予告を載せないで」と書かれていました。
それには、私もその通りだと思います。

こうやって考えると、発表会の日って、忙しかったけど、でも、発表会が無事に終わって、よかった〜

このあと、私は、どうなっちゃうのだろう……
不安な気持ちになっちゃうのでした……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発表会の一日 ゆぅのカフェテラス 番外編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる